×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

休職中の給与と休業補償

休職中の収入

休職中とは、労働出来ない状態の事を指します。労働出来ないといっても、当然の事ながら、病気や怪我などの理由によって、体が働けない状態に陥っている場合のみとなっています。

 

労働出来ない場合、当然収入がなくなる事になります。しかし、収入がなければ生活して行けません。その為に、傷病手当や休業補償給付金というものがあります。そうした手当や給付金を受給する事で、療養しながら生活をすると良いという事です。

 

傷病手当や休業補償給付金は、手続きをしなければ給付されません。また、傷病手当と休業補償給付金は、申請する管轄が違うので、それぞれの機関に申請する必要があります。また、傷病手当には、健康保険組合によるものと、ハローワークで申請するものとがあります。加入している健康保険によって、傷病手当の申請先も変わってくるという事が言えます。